お知らせ

トップページ > お知らせ一覧 > 悩むより、相談しよう

悩むより、相談しよう

2020/07/22(水)

皆さん、こんにちは。

社労士の伊牟田です。

 

私は読売新聞の「人生案内」というコーナーが好きです。

読者の相談に作家、ドクター、大学教授の方々がそれぞれの立場で毎回、見事な回答をされています。

 

いつも読むときは、回答を隠して「自分ならどう答えるか」ということをしています。

考えた通りだったり、大きく外したり、小さく外したりします。

 

一人で悩むより、相談した方が早いと思います。

ただし、注意しなければいけないことがあります。

 

正しい判断のできない人に相談しても、益々こんがらがってしまうからです。

その後の責任など、もちろん取ってはくれません。

(ついでに、余計なトラブルまで付いてきます。)

 

大事なことは「しかるべき人に相談する」ことです。

 

私も年に一度くらい、血の気が引くようなトラブルが起こります。

ちょっと前に、そんなことがありました。

 

その時は頭が真っ白になりました。

もう冷静な判断などできません。

 

申し訳なくて、相手の方にどのように詫びてよいのか分かりませんでした。

ただ、ひたすら謝りその夜は眠れませんでした。

 

次の日に、尊敬する方にどのようにお詫びをしたらよいのか相談をしました。

 

返事が来ました。

 

伊牟田さん

 

一番のお詫びの仕方は、重苦しくしないことです。

何事にも、感謝することです。

感謝に始まって、感謝に終わるのが、お詫びの仕方です。

当たり前と感じると、感謝はできません。

信用を落としたら、二度と取り返すことはできません。

信用を落とした人から取り返そうとすればするほど、嫌われます。

次の人に、同じ過ちを繰り返さないようにすることです。

 

 

「感謝する」「繰り返さない」

目から鱗です。

 

感謝しかありません。

有難うございます。


明日から4連休。

楽しい休暇をお過ごし下さいませ。


 

PS: 「2019 血の気の引いた事件第1位」

朝一で空港に向かっている時に、スマホを忘れたことに気付いた時です。

引き返しても間に合うわけがありません。

家族に電話しようと、桜木のエネオスGSで給油をする人に「携帯を貸して頂けませんか、お金はお支払います」と頼みました。

6人目の人も頭を振りながら「ムリ、ムリ」と言うのです。

7人目の方が貸してくれました。感謝です^^

伊牟田社会保険労務士事務所

株式会社ヒューマンパワー

労働保険事務組合 御結会

電話:096-357-0008

FAX:096-357-0078

〒861-4113

熊本県熊本市南区八幡5丁目5番6号

All content © imuta-sr.com All rights reserved.

電話:096-357-0008