お知らせ

トップページ > お知らせ一覧 > コーポレート・アイデンティティーについて考える

コーポレート・アイデンティティーについて考える

2019/11/15(金)

皆さん、こんにちは

社労士の伊牟田です。


前回のブログでは「就業規則で経営者の本気度が分かる」という内容でお話しさせて頂きました。

今日は、「コーポレート・アイデンティティー」についてブログを書いてみたいと思います。

 

では、少し皆さんにお尋ねしてみたいと思います。


「皆さんの会社は何のために存在しているのでしょう?」


「自社の経営理念を自らの言葉で語ることができますか?」


「自社で働く魅力は何ですか?」


「どんな福利厚生や社内制度がありますか?」


「どんな人材が欲しいか、具体的な言葉で伝えられますか?」

 

・・・。

なかなか難しい質問ですね。

 

しかし、これを明確にしないと会社の発展も、社員の働き甲斐も生まれないということに、最近、私自身やっと気が付いたのです。


これについてもう少し詳しくお話ししてみます。

 

まず、「自社は何のために存在するのか?」


経営者自身が自社の存在意義、目的を考えたことが一度もないなら答えられませんね。


しかし、これが答えられないということは、会社も社員も、行く当てのないバスに乗っているような状態かも知れません。

目的のない組織の雰囲気が風化してしまわないように、これについてはぜひ、苦しくても答えを出して頂きたいところです。

 

次に、「自社の経営理念を自らの言葉で語れますか?」


なぜ、そのような経営理念を作ったのか、どのようなことがトリガーとなって自分の信念を持っているのか。


私は、経営理念は「経営者(会社)の生き方そのもの」 だと考えています


経営理念は行動規範や判断基準となるだけでなく、求心力・結束力を高めます。

また、経営理念は社員の誇りやモチベーションにも繋がります。

さらに、経営理念を 「徹底する」 ことで会社の信用・信頼を得ることにもなります。

 

そして、「自社で働く魅力は何ですか?」


働く魅力がない会社に行きたいと思う人はいません。(自分だとしても、そうですよね?)

来るとしたら、仕方なくやってきます。


そして、仕方なくやってきた人は働きがいが見出せません。

いつも、やらされ感だけで仕事をして、不満でいっぱいです。


だから自社で働く魅力を持たなければなりません。

 

しかし、中には自社の魅力に気付いていない経営者の方も時々います。

(でも、こちらはすぐに分かります。)


まず、一つ目に離職率が低い会社。


次に社員の表情が明るい会社。(笑顔が溢れている会社)


業務が始まるより随分早く、出社している社員が多い会社。

(新聞を読んだり、おしゃべりをしているようですが、確かに会社が嫌いなら、早く出社はしませんからね。)


イベントの参加率が高い会社。

(これも会社が嫌いなら行きたくありませんよね。)


辞めた社員さんが戻ってくる会社・・・等々が思いつきます。

 

それから、「どんな福利厚生や社内制度がありますか?」


福利厚生といえば、研修旅行や退職金などお金のかかるものばかりを連想してしまいがちですね。

しかし、費用対効果が十分に上がる制度もありますのでピンをくる制度があれば是非、取り入れてほしいと思います。


※ ただし、全てにおいて必ず確認して頂きたいことは「何のためにやるのか」です。

目的をはっきりさせておかないと、単なる「コスト&ウェイスト」になってしまい、短期間で終わってしまうことになります。


例えば、私が担当させて頂いている顧問先様では次のような制度があります。


★ 表彰制度

永年勤続者や、今期優秀な成績を出した社員を半期に一度の全社員があるまる集会(その後は食事会)の全社員の前で表彰し、その社員にも一言話をしてもらいます。

私たちのような社外ブレーンも呼んで頂くことがあります。

本人も仲間も、少し緊張する場を設けることで、また次の目標がでてくるのではないでしょうか?

 

★ 社長塾


希望者は誰でも参加できる制度。

将来的にコア人材になりたい人などが勤務時間外に社長の教えを学び、自由な意見を言い合う空間。

また、社長はその目的をはっきりさせておくこと。


(例)経営理念を共有し、社長と意思の疎通を図る時間の中で社員が志の高い希望や目標を持ち、働くことが楽しくなること。

 

※ このような制度で気を付けることは、社長の独演会にしないこと、当然ですが「叱らない」、明るい伸びやかな雰囲気の中で厳しい話や物事の本質に触れる話をすること、など。

(誰も来なくなったら終わりですので・・・)

 

★ 自己啓発支援制度


自己啓発で情報・知識の習得を勧奨する制度。業務に有効である図書費用の補助、各種研修・セミナー受講、資格試験受験、等。

報告書等で他の社員にも情報や知識の共有を行います。

 

★ 食事(食費)補助制度

偏った食生活になりがちな若い社員に対して、食事(食費)を補助する制度です。

食べることは生きること! このような制度は大きな楽しみの一つですね。

 

最後に、「どんな人材が欲しいか、具体的な言葉で伝えられますか?」

 

採用については 「戦略なき人材求人」 が多いように感じます。


例えば 「貴社ではどんな人材が欲しいのですか?」 と、尋ねても答えはなかなか出てきません。


「いい人が欲しい」 と言われ、「いい人はどんな人ですか?」 と尋ねても、これまた答えは出てきません。

 

例えば 「私、結婚したいんです!」 という人に 「どんな人がいいのですか?」 と尋ねても 「分かりません」 ・・・という人にはアドバイスの仕様がないと思いませんか?


それと同じです・・・。

だから、自社はどのような人材が欲しいのかこちらも明確にしましょう。


 上記のようなことをやってみることで貴社のコーポレート・アイデンティティーがはっきりとしてきます。

(これを読んで「ちょっとやってみるか」と思って下さる方が、もしいらしたなら、大変うれしく思います。)

 

また、長くなってしまいましたね

では、また。

伊牟田社会保険労務士事務所

株式会社ヒューマンパワー

労働保険事務組合 御結会

電話:096-357-0008

FAX:096-357-0078

〒861-4113

熊本県熊本市南区八幡5丁目5番6号

All content © imuta-sr.com All rights reserved.

電話:096-357-0008